コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野安重 おぎの やすしげ

3件 の用語解説(荻野安重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻野安重 おぎの-やすしげ

1613-1690 江戸時代前期の砲術家。
慶長18年生まれ。荻野流砲術の祖。弟小左衛門とともに諸国で修業し,種子島(たねがしま)流のほか,正木流など砲術十二流をきわめて集成した。寛文7年岡山藩主池田光政,のち明石藩主松平直明につかえた。元禄(げんろく)3年6月7日死去。78歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。通称は六兵衛。著作に「荻野流秘書」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

荻野安重

没年:元禄3.6.7(1690.7.12)
生年:慶長18(1613)
江戸前期の砲術家。荻野流砲術の流祖。初め種子島流砲術をもって浜松本多家に仕えたが,正保1(1644)年に暇を願い,弟小左衛門と諸国を巡って正木流など12流の砲術を極め,一流を立てて荻野流と称した。他流の長所を積極的に採り入れ,絶えず工夫を重ねるといった柔軟な姿勢が反映してか『荻野流秘書』(全3巻)など伝書の種類が豊富で,他流からの引用,比較が随所にみられるように,和流砲術のなかでも最も進歩的な思想をもつ流派として盛行した。坂本天山,高島秋帆大隈重信なども荻野流砲術を学んだ。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻野安重
おぎのやすしげ
(1613―1690)

江戸前期の砲術家で、砲術荻野流の流祖。通称六兵衛。上野(こうずけ)(群馬県)の人。元禄(げんろく)3年6月、播州明石(ばんしゅうあかし)に没した。78歳。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荻野安重の関連キーワード荻野流浅香朝光梅沢与一兵衛大野宇右衛門黒田十兵衛高島浅五郎種田木工助中島長守西村忠次久松土岐太郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone