コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅沼周桂 すがぬま しゅうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅沼周桂 すがぬま-しゅうけい

?-? 江戸時代中期の鍼医(はりい)。
明和(1764-72)ごろの摂津(大阪府)の人。使用する鍼は金・銀製より鉄鍼がよいとし,鍼灸(しんきゅう)復古をとなえた。世間ではその術を古方鍼とよんだ。名は長之。著作に「鍼灸則」「鍼灸治験」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅沼周桂の関連キーワード明和鍼医

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android