コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅甘谷 かん かんこく

1件 の用語解説(菅甘谷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅甘谷 かん-かんこく

1691-1764 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)4年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)岸和田藩士。江戸で荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなび,のち大坂にすみ門人を養成。大坂徂徠学の祖といわれる。没後,漢詩文集「甘谷先生遺稿」が刊行された。宝暦14年3月24日死去。74歳。本姓は府川。名は晨耀。字(あざな)は子旭。通称は小膳(善)。初号は南嶠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菅甘谷の関連キーワード新井明卿入江正雄江村青郊川田喬遷竹内長水滕元鳳丹羽雲気原斗南松本安美矢野容斎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone