コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅甘谷 かん かんこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅甘谷 かん-かんこく

1691-1764 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)4年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)岸和田藩士。江戸で荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなび,のち大坂にすみ門人を養成。大坂徂徠学の祖といわれる。没後,漢詩文集「甘谷先生遺稿」が刊行された。宝暦14年3月24日死去。74歳。本姓は府川。名は晨耀。字(あざな)は子旭。通称は小膳(善)。初号は南嶠。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅甘谷の関連キーワードボルテールインノケンチウス12世オレンジ結社越後屋平胤満明和レザノフ鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone