コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅甘谷 かん かんこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅甘谷 かん-かんこく

1691-1764 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)4年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)岸和田藩士。江戸で荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなび,のち大坂にすみ門人を養成。大坂徂徠学の祖といわれる。没後,漢詩文集「甘谷先生遺稿」が刊行された。宝暦14年3月24日死去。74歳。本姓は府川。名は晨耀。字(あざな)は子旭。通称は小膳(善)。初号は南嶠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菅甘谷の関連キーワード田中鳴門斎藤季義細合斗南篠崎三島篠崎小竹高安蘆屋橋本楽郊岡魯庵儒者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android