コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野惟肖 すがのの これゆき

1件 の用語解説(菅野惟肖の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野惟肖 すがのの-これゆき

?-? 平安時代前期の官吏,学者。
貞観(じょうがん)14年(872)文章生(もんじょうしょう)のとき渤海(ぼっかい)使節の接客役をつとめる。元慶(がんぎょう)8年大内記(だいないき)として式部少輔(しきぶのしょう)菅原道真(みちざね)らと太政(だいじょう)大臣の職務について答申。勘解由(かげゆ)次官をへて,仁和(にんな)3年(887)文章博士となる。漢詩が「扶桑(ふそう)集」におさめられたという(現存の巻にはない)。名は「これすえ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菅野惟肖の関連キーワード朝右王海部男種麻呂粟鱒麻呂上毛野永世賀茂岑雄讃岐時人平好風伴河男中臣逸志山田弘宗

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone