コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊川英章 きくかわ えいしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊川英章 きくかわ-えいしょう

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
文政(1818-30)のころの人。光一の号で歌舞伎脚本もかく。浮世絵師春川五七にまなんで春斎と号した。のち菊川英山の門弟となり菊川英章と名のるが,同門に本姓を浅野という菊川英章がいたため,光一英章とよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊川英章の関連キーワードサウド家フォンタネージ梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政アルフェドソンガーイクワールドゥラーニー朝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android