コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池徳子 きくち とくこ

2件 の用語解説(菊池徳子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池徳子 きくち-とくこ

1816-1889 江戸時代後期の女性。
文化13年生まれ。国定忠次の子分,上野(こうずけ)(群馬県)五目牛村(ごめうしむら)の菊池千代松の妻。夫の死後忠次とであい,その逃亡生活をたすける。嘉永(かえい)3年忠次が刑死すると片腕をもちかえり,伊勢崎善応寺に「情深墳(じょうしんづか)」をたてて供養した。明治22年2月6日死去。74歳。通称は五目牛のとく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菊池徳子

没年:明治22.2.6(1889)
生年:文化13(1816)
江戸後期の侠客国定忠治ゆかりの女性。通称五目牛のとく。上野国(群馬県)群馬郡有馬村の生まれ。父は小農一倉佐兵衛。天保8(1837)年忠治の子分で上野国五目牛村の菊池千代松に見染められ,月雇女となり,3年後女房となった。強い性格と読み書き算用に長じた経営の才をもって家産を増殖。弘化3(1846)年の千代松の死後,忠治と出会い,逃亡資金を工面したり中風の忠治を看病したりするなど物心両面の支援者となった。嘉永3(1850)年忠治捕縛の際,自らも捕らえられるが,釈放後は忠治の最期を見届けるべく献身する。磔死(1851)後の忠治の遺体をひそかに持ち帰って供養し,善応寺(伊勢崎市)に「情深墳」を建立した。五目牛の自宅で没した。義甥の菊池作次郎(1855~78)は明治11(1878)年,近衛兵の叛乱「竹橋事件」に参画し銃殺刑に処せられている。

(高橋敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊池徳子の関連キーワード国定忠次鞘町東伊甚太七兵衛新場小安武井浅二鐘弥左衛門日光円蔵半鐘八右衛門三木文蔵紫由加里

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone