コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国定忠次 くにさだちゅうじ

5件 の用語解説(国定忠次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国定忠次
くにさだちゅうじ

[生]文化7(1810)
[没]嘉永3(1850)
江戸時代後期の博徒。忠治とも書く。本名長岡忠次郎。上州 (上野国) 赤城山を中心に縄張りをもち,のち関所破りで追われ,捕えられて刑死。「侠客物」として真山青果の戯曲に,また講談などでも代表的博徒にもち上げられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くにさだ‐ちゅうじ【国定忠次】

[1810~1850]江戸末期の侠客。上野(こうずけ)の国定村の人。本名、長岡忠次郎。賭場(とば)荒らし・関所破りなどの罪で磔(はりつけ)の刑に処せられた。後世、講談・浪曲・芝居などに脚色。国定忠治
(国定忠治)子母沢寛の長編歴史小説。昭和7年(1932)から昭和8年(1933)にかけて東京日日新聞に連載。著者による股旅(またたび)物の代表的作品。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国定忠次【くにさだちゅうじ】

江戸末期の侠客。上野(こうずけ)国国定村の富農長岡与五左衛門の子として生まれた。本名は忠次郎。若くから遊侠の徒に交わり,21歳のとき縄張りを譲られ,博徒の親分となった。
→関連項目博徒

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国定忠次 くにさだ-ちゅうじ

1810-1851* 江戸時代後期の侠客(きょうかく)。
文化7年生まれ。生家は上野(こうずけ)(群馬県)佐位郡国定村の富農。博徒の親分となり,島村の伊三郎殺しをはじめ,殺傷,賭博(とばく),関所破りなどをかさねて捕らえられ,嘉永(かえい)3年12月21日磔(はりつけ)になる。41歳。のち芝居,講談などにとりあげられ,民衆の英雄像に脚色されていった。本名は長岡忠次郎。通称は忠治ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

くにさだちゅうじ【国定忠次】

1810‐50(文化7‐嘉永3)
江戸後期の博徒。忠次(治)郎ともいう。上野国佐位郡国定村の出身。中農以上に属する長岡与五左衛門の長男。21歳のとき博徒の縄張を譲られて以来博徒の親分となり,1834年(天保5)縄張争いから同じ博徒の島村の伊三郎を殺害し,有名となる。42年賭場の最中に関東取締出役の急襲をうけ,かろうじて脱出したが,子分浅次郎(俗に板割の浅太郎)が密告したのではないかと疑い,浅次郎に彼の伯父で出役の手先である道案内役の勘助とその子太郎吉を殺させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の国定忠次の言及

【東[村]】より

…1970年ころから人口が増加している。北部の国定は幕末の俠客国定忠次の出身地。【千葉 立也】。…

【忠次旅日記】より

…〈第三部御用篇〉は,伊藤大輔が唐沢弘光カメラマンと組み,〈移動大好き〉と呼ばれて時代劇のスタイルに新風を吹き込むことになる名コンビの第1作である。 上州の博徒国定忠次(大河内伝次郎)が,役人に追われて流浪し,周囲の人間に裏切られ,落ちていく悲劇を描く。その底に流れているのは権力に対する反抗の思想で,忠次が命をかけてたたかう相手は御用ちょうちんに象徴される権力である。…

※「国定忠次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国定忠次の関連キーワード釈鼇仙高橋波藍三好汝圭森白鳳隆範松本龍澤岳鳳斎藤抱山清水の次郎長喧嘩屋五郎右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone