コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国定忠次 くにさだちゅうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国定忠次
くにさだちゅうじ

[生]文化7(1810)
[没]嘉永3(1850)
江戸時代後期の博徒。忠治とも書く。本名長岡忠次郎。上州 (上野国) 赤城山を中心に縄張りをもち,のち関所破りで追われ,捕えられて刑死。「侠客物」として真山青果の戯曲に,また講談などでも代表的博徒にもち上げられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くにさだ‐ちゅうじ【国定忠次】

[1810~1851]江戸末期の侠客。上野(こうずけ)の国定村の人。本名、長岡忠次郎。賭場(とば)荒らし・関所破りなどの罪で磔(はりつけ)の刑に処せられた。後世、講談・浪曲・芝居などに脚色。国定忠治
(国定忠治)子母沢寛の長編歴史小説。昭和7年(1932)から昭和8年(1933)にかけて東京日日新聞に連載。著者による股旅(またたび)物の代表的作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国定忠次【くにさだちゅうじ】

江戸末期の侠客。上野(こうずけ)国国定村の富農長岡与五左衛門の子として生まれた。本名は忠次郎。若くから遊侠の徒に交わり,21歳のとき縄張りを譲られ,博徒の親分となった。
→関連項目博徒

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国定忠次 くにさだ-ちゅうじ

1810-1851* 江戸時代後期の侠客(きょうかく)。
文化7年生まれ。生家は上野(こうずけ)(群馬県)佐位郡国定村の富農。博徒の親分となり,島村の伊三郎殺しをはじめ,殺傷,賭博(とばく),関所破りなどをかさねて捕らえられ,嘉永(かえい)3年12月21日磔(はりつけ)になる。41歳。のち芝居,講談などにとりあげられ,民衆の英雄像に脚色されていった。本名は長岡忠次郎。通称は忠治ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くにさだちゅうじ【国定忠次】

1810‐50(文化7‐嘉永3)
江戸後期の博徒。忠次(治)郎ともいう。上野国佐位郡国定村の出身。中農以上に属する長岡与五左衛門の長男。21歳のとき博徒の縄張を譲られて以来博徒の親分となり,1834年(天保5)縄張争いから同じ博徒の島村の伊三郎を殺害し,有名となる。42年賭場の最中に関東取締出役の急襲をうけ,かろうじて脱出したが,子分浅次郎(俗に板割の浅太郎)が密告したのではないかと疑い,浅次郎に彼の伯父で出役の手先である道案内役の勘助とその子太郎吉を殺させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国定忠次の言及

【東[村]】より

…1970年ころから人口が増加している。北部の国定は幕末の俠客国定忠次の出身地。【千葉 立也】。…

【忠次旅日記】より

…〈第三部御用篇〉は,伊藤大輔が唐沢弘光カメラマンと組み,〈移動大好き〉と呼ばれて時代劇のスタイルに新風を吹き込むことになる名コンビの第1作である。 上州の博徒国定忠次(大河内伝次郎)が,役人に追われて流浪し,周囲の人間に裏切られ,落ちていく悲劇を描く。その底に流れているのは権力に対する反抗の思想で,忠次が命をかけてたたかう相手は御用ちょうちんに象徴される権力である。…

※「国定忠次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国定忠次の関連キーワード市川 小文治鬼頭 善一郎江川 宇礼雄忠次旅日記大林 梅子市川 幡谷草間 実武井浅二東[村]またたび菊池徳子日光円蔵牧野省三新国劇八木節股旅

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android