コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊池清彦 きくち きよひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊池清彦 きくち-きよひこ

1812-1883 幕末-明治時代の公共事業家。
文化9年1月2日生まれ。豊後(ぶんご)大分郡の人。尊攘(そんじょう)運動家毛利空桑(くうそう)らとまじわる。維新後長野村の庄屋菊池家をつぎ,官林の民有化,用水路開削などにつくした。のち日田県少属をへて西寒多(ささむた)神社禰宜(ねぎ)。明治16年10月12日死去。72歳。旧姓は宇野。幼名は司馬平。号は西山外史。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊池清彦の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android