コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝室技芸員 ていしつぎげいいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝室技芸員
ていしつぎげいいん

1890年に,皇室による日本美術,工芸の保護奨励を目的として定められた「帝室技芸員制度」により任命された美術家年金が給与され,制作を下命されることもあり,技術に関する諮問を受けることなどが定められた。人格,技量ともにすぐれた者が任命され,美術家最高の栄誉と権威を示した。 1944年までに絵画 45名,彫刻7名,工芸 24名,建築2名,写真1名,計 79名が任命されたが,第2次世界大戦後この制度は廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていしつ‐ぎげいいん〔‐ギゲイヰン〕【帝室技芸員】

明治23年(1890)に定められた制度で、皇室の美術・工芸品の制作をした美術家。終生勅任待遇として年金を与えられた。昭和19年(1944)以後消滅。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

帝室技芸員の関連キーワード川島 甚兵衛(2代目)伊東 陶山(初代)月山貞一(初代)佐々木 岩次郎佐々木岩次郎佐々木 清七伊藤平左衛門安井曽太郎岡田三郎助佐々木清七川之辺一朝海野 勝珉香取秀真菊池芳文川合玉堂石川光明山名貫義塚田秀鏡宮川香山今尾景年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帝室技芸員の関連情報