コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝室技芸員 ていしつぎげいいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝室技芸員
ていしつぎげいいん

1890年に,皇室による日本美術,工芸の保護奨励を目的として定められた「帝室技芸員制度」により任命された美術家。年金が給与され,制作を下命されることもあり,技術に関する諮問を受けることなどが定められた。人格,技量ともにすぐれた者が任命され,美術家最高の栄誉と権威を示した。 1944年までに絵画 45名,彫刻7名,工芸 24名,建築2名,写真1名,計 79名が任命されたが,第2次世界大戦後この制度は廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ていしつ‐ぎげいいん〔‐ギゲイヰン〕【帝室技芸員】

明治23年(1890)に定められた制度で、皇室の美術・工芸品の制作をした美術家。終生勅任待遇として年金を与えられた。昭和19年(1944)以後消滅。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

帝室技芸員の関連キーワードドイツ映画ビゴー明治維新造船業エルトゥールル号の遭難事故カプリービ大不況長沢別天ラルヴィク岩ディトゥロ閃長岩

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帝室技芸員の関連情報