コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菜料 さいりょう

大辞林 第三版の解説

さいりょう【菜料】

飯の菜とするおかず、また菜の材料。
菜の購入費。特に平安時代の大学寮・陰陽寮・典薬寮の学生に支給した食費。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

菜料の関連キーワード越後三山只見国定公園山形県西村山郡西川町クリーム(脂肪分)ジュニパーベリーバーニャカウダロールキャベツミートフォークバターライスフランス料理マンネンロウ栃尾[温泉]イタリア料理キャラウェイミートナイフアスピック秦野(市)西洋料理通ツチカブリ桜井 ちかしゅんかん

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菜料の関連情報