菟原処女・菟名日処女(読み)うないおとめ

精選版 日本国語大辞典「菟原処女・菟名日処女」の解説

うない‐おとめ うなひをとめ【菟原処女・菟名日処女】

争いの女主人公。菟原壮子(うないおとこ)、血沼壮子(ちぬおとこ)の二人の男性に求婚され、どちらとも決めかねて川に身を投げる。
[語誌](1)この伝説は「万葉集」の多くの歌に詠まれ、「うなひ」は「菟原」「葦屋」とともに地名と見られる。また、もと海辺のであった「うなひ」が「海原」となり、更に転じて「菟原」となったとする説がある。
(2)「大和‐一四七」では、の国の生田川のほとりに住む女を、同国のうばらというの男と和泉国のちぬという姓の男とが争い、女は生田川に身を投げて死んだと伝えている。また、「謡曲求塚」では、生田川に身を投げた女が、後追いした二人の男の科まで身に受けて、地獄での苦しみを永遠に続けているとしている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android