コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求塚 モトメヅカ

世界大百科事典 第2版の解説

もとめづか【求塚】

能の曲名。四番目物。観阿弥作か。シテは菟名日処女(菟原処女(うないおとめ))の霊。旅の(ワキ)が摂津の生田に赴くと,若菜摘みの若い女たち(前ジテ・ツレ)が来かかる。僧は求塚のありかを尋ねるが,女たちは知らないと答え,残雪をかき分けて一心に若菜を摘み,また帰って行く(〈下歌(さげうた)・ロンギ等〉)。ところがただ1人居残った女がいて,僧を求塚に案内し,塚にまつわる伝説を話して聞かせる。昔,小竹田男(ささだおとこ∥ささだおのこ)と血沼丈夫(ちんのますらお∥ちぬのますらお)という2人の青年が菟名日処女という女に恋をして,同時に恋文を送った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もとめづか【求塚】

能の一。四番目物。観阿弥作。都へ上る西国の僧が、摂津国(今の大阪府)生田の里で若菜摘みの女に会う。女に求塚へ案内されると、二人の男に求婚された菟名日うない乙女の霊が現れて地獄の苦患のさまを語る。
の素材となった伝説上の菟原処女うないおとめの墓所。神戸市灘区、同東灘区などに遺称地がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

求塚
もとめづか

能の曲目。四番目物。観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金剛、喜多(きた)四流現行曲。ただし観世流は観世華雪(かせつ)による1952年(昭和27)の復曲。観阿弥(かんあみ)作曲の能、作詞も観阿弥らしい。『万葉集』『大和(やまと)物語』を出典とする生田川(いくたがわ)伝説による。2人の男からの求婚を選びかねて自殺した美女の物語だが、男たちが後を追って死んだ罪で、地獄における女の凄惨(せいさん)な責め苦に重点を置くのが能の主張である。旅僧たち(ワキ、ワキツレ)が津国(つのくに)(兵庫県)生田の里を通りかかり、若菜摘みの乙女たち(前シテ、ツレ数人)に求塚のありかを尋ねるが、教えようとしない。皆が去り、ひとり残った女が求塚へと案内し、菟名日処女(うないおとめ)の入水(じゅすい)と、刺し違えて死んだ男たちのことを語り、それさえ私の科(とが)になってしまったと、救いを求めつつ塚に消える。僧の弔いに、美貌(びぼう)も無残にやせ衰えた菟名日処女の亡魂が現れて読経を喜ぶが、たちまち地獄の苦患(くげん)が襲いかかり、やがてその姿は闇(やみ)の世界へと消えていく。後半の凄惨さと、前半の若菜摘みの春浅い風情とがみごとに映り合う、能の名作。なお、同じ生田川伝説を扱った森鴎外(おうがい)の戯曲に『生田川』があり、現代語で書かれた最初の史劇として名高い。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の求塚の言及

【生田川説話】より

…《大和物語》147段では,さらに詳しく具体的になり,村上帝の後宮において中宮をはじめ女房たちが障子歌をよむ場や,処女塚(おとめづか)の後日譚がつく。処女塚は,《散木奇歌集》第五羇旅や《堀河百首》雑に収められた源俊頼の〈海路の心をよめる〉という詞書(ことばがき)をもつ和歌では,求塚となっており,《太平記》巻十六の湊河の合戦の場面にもみえている。今川貞世《道ゆきぶり》には〈この川に鳥射しますらをの塚〉と見える。…

※「求塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

求塚の関連キーワード観世 銕之丞(8代目)乙女塚・処女塚観世 華雪野口 兼資アイ(間)紅入・色入近代能楽集観世銕之丞近藤乾三斉藤恒芳観世華雪所・処痩せ女墓所亡心西国謡曲苦患

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android