コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華林恵厳 かりん えごん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

華林恵厳 かりん-えごん

?-? 南北朝時代の尼僧。
光厳(こうごん)天皇の皇女臨済(りんざい)宗の夢窓疎石(むそう-そせき)のもとで出家。景愛寺6世をつぎ,応安年間(1368-75),子院である建福尼寺を西山宝鏡寺にあらため,初世となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

華林恵厳

没年:至徳3/元中3?(1386)
生年:生年不詳
比丘尼御所宝鏡寺の開山と伝承される南北朝時代臨済宗の尼。光厳天皇の皇女に生まれ,夢窓疎石のもとで落飾,はじめ景愛寺塔頭宝慈院に住んで景愛寺6世を継ぎ,応安年間(1368~75)に景愛寺子院である建福尼寺を西山宝鏡寺に改め,第1世となる。

(岡佳子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

華林恵厳の関連キーワード没年尼僧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android