コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱沢孫右衛門 ひしざわ まごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菱沢孫右衛門 ひしざわ-まごえもん

1842-1907 幕末-明治時代の村長。
天保(てんぽう)13年2月5日生まれ。近江(おうみ)小田苅(こたかり)村(滋賀県湖東町)の庄屋。維新後,県会議員などをへて明治22年豊椋(とよくら)村の初代村長。祖父の方勝が開削した天明川用水を復旧させた。明治40年1月12日死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菱沢孫右衛門の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android