コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萎す ナヤス

デジタル大辞泉の解説

なや・す【萎す】

[動サ五(四)]
衣服などをしなやかにする。また、物を柔らかくする。
「痛い頭を―・そうとして」〈秋声・黴〉
「着―・したる、ものの色もあらぬやうに見ゆ」〈かげろふ・上〉
気力をなくさせる。力を失わせる。
「その道理に服するのではなくて、只何がなしに―・されてしまうのである」〈鴎外
鉄などを打ち鍛える。ねやす。
「クロガネヲ―・シテ刀ヲツクル」〈和英語林集成

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なやす【萎す】

( 動五[四] )
気力・体力などを失わせ、ぐったりさせる。なえるようにさせる。 「口には言はれぬ心地に-・されて、身動きをもせずに/奇遇 四迷
なよなよとさせる。やわらかにする。 「着-・したる物の色もあらぬやうに見ゆ/蜻蛉
金属を精錬する。ねる。ねやす。 〔新撰字鏡〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

萎すの関連キーワード新撰字鏡月見草四迷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android