コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(ち)度/越度 オチド

デジタル大辞泉の解説

おち‐ど〔おち‐|ヲチ‐〕【落(ち)度/越度】

《「おつど(越度)」の音変化》手落ち。あやまち。過失。「手続き上に―があった」「当方の―を認める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の落(ち)度/越度の言及

【越度】より

…前近代の法律語。〈おちど〉ともいい,江戸時代には〈落度〉とも書いた。(1)律令用語としては,養老律の衛禁律(えごんりつ)に定められた関津以外の,通行禁止の場所を通過するのを越度といい,越度には私度(通行証なしに関津を通る)の罪に一等を加えるという規定があり,また越度未遂の罪,馬牛を率いて越度する罪なども定められた。…

※「落(ち)度/越度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

落(ち)度/越度の関連キーワード捕縄術才麿自反