葉住利蔵(読み)はすみ りぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葉住利蔵 はすみ-りぞう

1866-1926 明治-大正時代の実業家,政治家。
慶応2年7月6日生まれ。新田銀行頭取,利根発電社長などを歴任。この間,明治31年群馬県会議員,45年衆議院議員(当選2回,政友会)。私財を投じて群馬県育英会,金山図書館を創設した。大正15年9月14日死去。61歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。横浜商業卒。号は松堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android