コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉切蜂 ハキリバチ

デジタル大辞泉の解説

はきり‐ばち【葉切蜂】

膜翅(まくし)目ハキリバチ科の昆虫総称ミツバチに似るが、腹面の毛が長く、ここに花粉をつけて運ぶ。発達した大あごをはさみのように使って葉を丸く切り、巣の材料に使う。バラハキリバチなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はきりばち【葉切蜂】

ハチ目ハキリバチ科に属するハチのうち、植物の葉を切断して巣を作る習性をもつ種の総称。腹部下面に花粉を集めるための毛を密生する。バラハキリバチ・ヤマトハキリバチなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

葉切蜂 (ハキリバチ)

動物。ハキリバチ科のうちハキリバチ属ハナバチの総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

葉切蜂の関連キーワード動物習性

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android