コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉切蜂 ハキリバチ

デジタル大辞泉の解説

はきり‐ばち【葉切蜂】

膜翅(まくし)目ハキリバチ科の昆虫総称ミツバチに似るが、腹面の毛が長く、ここに花粉をつけて運ぶ。発達した大あごをはさみのように使って葉を丸く切り、巣の材料に使う。バラハキリバチなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はきりばち【葉切蜂】

ハチ目ハキリバチ科に属するハチのうち、植物の葉を切断して巣を作る習性をもつ種の総称。腹部下面に花粉を集めるための毛を密生する。バラハキリバチ・ヤマトハキリバチなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

葉切蜂 (ハキリバチ)

動物。ハキリバチ科のうちハキリバチ属ハナバチの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

葉切蜂の関連キーワード動物習性

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android