コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木 くつき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朽木
くつき

滋賀県北西部,高島市南西部の旧村域。安曇川中流域にある。1889年村制。2005年マキノ町,今津町,安曇川町,高島町,新旭町の 5町と合体して高島市となった。地名は中世の荘名による。耕地は少なく,ほとんどが山林で林業が主。シイタケを産する。中心地区の市場は鎌倉中期から明治期まで朽木氏が領有した地で,陣屋跡が残る。旧秀隣寺庭園は国の名勝。若狭街道が南北に縦貫。ほとんど全域が朽木・葛川県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ぼく〔キウ‐〕【朽木】

くちた。くちき。

くち‐き【朽(ち)木】

朽ちた木。腐った木。
不遇のままむなしく一生を終える人の境遇たとえ

くつき【朽木】

滋賀県高島市西部の地名。安曇川(あどがわ)上流にあり、かつて木の(そま)とよばれた木材産地朽木渓谷がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうぼく【朽木】

くさった木。くちき。

くつき【朽木】

滋賀県北西部、高島市の地名。古来木材の産地として知られる。安曇川あどがわが朽木渓谷をつくる。

くつき【朽木】

姓氏の一。近江国佐々木氏の支流。近江国高島郡朽木荘を本拠とし、足利家と密接な関係を持つ。のち、信長・秀吉に仕え、江戸時代は丹波国福知山藩主。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朽木
くつき

滋賀県中西部、高島郡にあった旧村名(朽木村(むら))。現在は高島市西部を占める地域。丹波高地、比良(ひら)山地と花折(はなおれ)断層に沿う安曇(あど)川流域の小平地からなる。旧朽木村は2005年(平成17)マキノ、今津(いまづ)、安曇川、高島、新旭(しんあさひ)の5町と合併し、高島市となった。朽木の杣(そま)とよばれたように木材の供給地で、かつては木地師(きじし)集落もあった。現在も林業が盛ん。古代から中世の朽木荘(しょう)の地。近世、中心集落の市場(いちば)には旗本朽木氏の陣屋が置かれた。国道367号が通じ、冬期の豪雪により交通が途絶することも多いが、花折断層沿いの街道はかつて北陸と京都を結ぶ重要路で「鯖(さば)の道」ともよばれた。旧秀隣寺庭園、池の沢庭園は国指定名勝。安曇川上流の朽木渓谷は県立自然公園になっている。[高橋誠一]
『『朽木村誌』(1974・朽木村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

朽木 (クチキ)

植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物。ウメの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

朽木の関連キーワード光のうつしえ/廣島 ヒロシマ 広島彼岸花はきつねのかんざし滋賀県高島市朽木野尻滋賀県高島市朽木柏キマワリ(木回)朽木綱貞(1)朽木稙綱(3)朽木稙綱(1)オオキノコムシあひるの手紙朽木鋪綱朽木昌綱内証向き朽木稙昌朽木稙治近江源氏朽木綱方朽木貞綱深山隠れ朽木貞高

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朽木の関連情報