コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朽木 くつき

8件 の用語解説(朽木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朽木
くつき

滋賀県北西部,高島市南西部の旧村域。安曇川中流域にある。1889年村制。2005年マキノ町,今津町,安曇川町,高島町,新旭町の 5町と合体して高島市となった。地名は中世の荘名による。耕地は少なく,ほとんどが山林で林業が主。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ぼく〔キウ‐〕【朽木】

くちた木。くちき。

くち‐き【朽(ち)木】

朽ちた木。腐った木。
不遇のままむなしく一生を終える人の境遇のたとえ。

くつき【朽木】

滋賀県高島市西部の地名。安曇川(あどがわ)上流にあり、かつて朽木の杣(そま)とよばれた木材の産地。朽木渓谷がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きゅうぼく【朽木】

くさった木。くちき。

くつき【朽木】

滋賀県北西部、高島市の地名。古来木材の産地として知られる。安曇川あどがわが朽木渓谷をつくる。

くつき【朽木】

姓氏の一。近江国佐々木氏の支流。近江国高島郡朽木荘を本拠とし、足利家と密接な関係を持つ。のち、信長・秀吉に仕え、江戸時代は丹波国福知山藩主。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朽木
くつき

滋賀県中西部、高島郡にあった旧村名(朽木村(むら))。現在は高島市西部を占める地域。丹波高地、比良(ひら)山地と花折(はなおれ)断層に沿う安曇(あど)川流域の小平地からなる。旧朽木村は2005年(平成17)マキノ、今津(いまづ)、安曇川、高島、新旭(しんあさひ)の5町と合併し、高島市となった。朽木の杣(そま)とよばれたように木材の供給地で、かつては木地師(きじし)集落もあった。現在も林業が盛ん。古代から中世の朽木荘(しょう)の地。近世、中心集落の市場(いちば)には旗本朽木氏の陣屋が置かれた。国道367号が通じ、冬期の豪雪により交通が途絶することも多いが、花折断層沿いの街道はかつて北陸と京都を結ぶ重要路で「鯖(さば)の道」ともよばれた。旧秀隣寺庭園、池の沢庭園は国指定名勝。安曇川上流の朽木渓谷は県立自然公園になっている。[高橋誠一]
『『朽木村誌』(1974・朽木村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朽木の関連キーワード安曇川〈町〉滋賀県高島市安曇川町青柳滋賀県高島市安曇川町北船木滋賀県高島市安曇川町末広滋賀県高島市安曇川町田中滋賀県高島市安曇川町常磐木滋賀県高島市安曇川町長尾滋賀県高島市安曇川町中野滋賀県高島市安曇川町横江朽木〈村〉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朽木の関連情報