朽木(読み)くつき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朽木
くつき

滋賀県北西部,高島市南西部の旧村域。安曇川中流域にある。1889年村制。2005年マキノ町,今津町,安曇川町,高島町,新旭町の 5町と合体して高島市となった。地名は中世の荘名による。耕地は少なく,ほとんどが山林で林業が主。シイタケを産する。中心地区の市場は鎌倉中期から明治期まで朽木氏が領有した地で,陣屋跡が残る。旧秀隣寺庭園は国の名勝。若狭街道が南北に縦貫。ほとんど全域が朽木・葛川県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ぼく〔キウ‐〕【朽木】

くちた。くちき。

くち‐き【朽(ち)木】

朽ちた木。腐った木。
不遇のままむなしく一生を終える人の境遇たとえ

くつき【朽木】

滋賀県高島市西部の地名。安曇川(あどがわ)上流にあり、かつて朽木の(そま)とよばれた木材産地朽木渓谷がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうぼく【朽木】

くさった木。くちき。

くつき【朽木】

滋賀県北西部、高島市の地名。古来木材の産地として知られる。安曇川あどがわが朽木渓谷をつくる。

くつき【朽木】

姓氏の一。近江国佐々木氏の支流。近江国高島郡朽木荘を本拠とし、足利家と密接な関係を持つ。のち、信長・秀吉に仕え、江戸時代は丹波国福知山藩主。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朽木
くつき

滋賀県中西部、高島郡にあった旧村名(朽木村(むら))。現在は高島市西部を占める地域。丹波高地、比良(ひら)山地と花折(はなおれ)断層に沿う安曇(あど)川流域の小平地からなる。旧朽木村は2005年(平成17)マキノ、今津(いまづ)、安曇川、高島、新旭(しんあさひ)の5町と合併し、高島市となった。朽木の杣(そま)とよばれたように木材の供給地で、かつては木地師(きじし)集落もあった。現在も林業が盛ん。古代から中世の朽木荘(しょう)の地。近世、中心集落の市場(いちば)には旗本朽木氏の陣屋が置かれた。国道367号が通じ、冬期の豪雪により交通が途絶することも多いが、花折断層沿いの街道はかつて北陸と京都を結ぶ重要路で「鯖の道(さばのみち)」ともよばれた。旧秀隣寺庭園、池の沢庭園は国指定名勝。安曇川上流の朽木渓谷は県立自然公園になっている。[高橋誠一]
『『朽木村誌』(1974・朽木村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

朽木 (クチキ)

植物。バラ科の落葉小高木,園芸植物,薬用植物。ウメの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう‐ぼく キウ‥【朽木】

〘名〙 朽ちた木。くちき。
※明衡往来(11C中か)上本「是則朽木遇春之秋也」
※あこがれ(1905)〈石川啄木〉啄木〈上田敏〉「げに虚(うつろ)なる朽木(キウボク)の 幹にひそめるけら虫は 風雅の森のそこなひぞ」

くち‐き【朽木】

〘名〙
① 朽ちた木。腐った木。かれき。腐木。きゅうぼく。
古今(905‐914)雑上・八七五「かたちこそみ山がくれのくちきなれ心は花になさばなりなん〈兼芸〉」 〔観智院本名義抄(1241)〕
② (比喩的に) 世に知られないで、空しく朽ち果てる物事や人。不遇。
※後撰(951‐953頃)雑二・一一七五「春やこし秋や行きけんおぼつかな影の朽木と世を過ぐす身は〈閑院〉」

くつき【朽木】

滋賀県高島市の地名。もとは、高島郡朽木村。安曇(あど)川上流の比良山地にあり、江戸初期、朽木藩が置かれていた。

くつき【朽木】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朽木の関連情報