コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉性 はしょう

盆栽用語集の解説

葉性

盆栽において、葉の形態や色彩、生理的な働きは大きな影響をもたらすものである。このような葉の持つ性質を葉性と呼ぶ。同じ樹種でも葉性の違いによって評価が違うこともしばしばである。一般に盆栽界で良いとされる葉性の条件をあげる。
針葉樹
葉が短い・真っすぐ・色彩が鮮明・太めのもの
雑木
葉が小さい・光沢がある・色彩が鮮明・紅葉や黄葉が美しいなど
ちなみに盆栽界で「葉性」と言う時、厳密には「芽性」のことも含んで語られることが多い。芽性とは、芽の出方(粗いか密か、また節間が短いか長いか)や性質(二番芽が出やすいか否か、眠り芽ができやすいか、大木にならず低木に仕立てやすいか、など)のことである。「葉性が良く作りやすい」と言う時は芽性のことを指している。
18

出典|(株)近代出版盆栽用語集について | 情報

葉性の関連キーワード細葉水引藻四葉浮草姫白莕菜酢漿草藻阿古免草水雛芥子四酢漿草大山椒藻水雛罌粟酸漿草田字藻花蓴菜辛川草酢漿藻笹葉藻雁来紅眼子菜浮畔菜阿左々花勝見

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉性の関連情報