コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著作権集中処理機構 ちょさくけんしゅうちゅうしょりきこう

2件 の用語解説(著作権集中処理機構の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

著作権集中処理機構
ちょさくけんしゅうちゅうしょりきこう

著作権使用料を使用者から一括徴収して,著作権者に配分する方法をとるための機構。たとえば,音楽著作権については,日本音楽著作権協会 (JASRAC) が,著作権集中処理機構の役割を果たしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

著作権集中処理機構

著作権の保護を目的として,関係する著作権権利者の権利を集中的に管理し,著作物利用者から一定の著作権使用料を集め,これを配分する機能を持った機関.日本では,1939(昭和14)年設立の日本音楽著作権協会(JASRAC)や1991(平成3)年設立の日本複写権センターなどがある.集中処理機構方式の採用により,個々の著作権者の許諾なしに著作物利用ができるようになるが,この方式には,著作権使用料の設定,徴収した著作権料の配分方法,処理機構自体の運営経費などの問題がある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

著作権集中処理機構の関連キーワード使用者イメージ印税日本音楽著作権協会音楽著作権使用料使用料報酬請求権空港使用料licence business音楽著作権日本音楽著作権協会(JASRAC)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone