コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著作権集中処理機構 ちょさくけんしゅうちゅうしょりきこう

2件 の用語解説(著作権集中処理機構の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

著作権集中処理機構
ちょさくけんしゅうちゅうしょりきこう

著作権使用料を使用者から一括徴収して,著作権者に配分する方法をとるための機構。たとえば,音楽著作権については,日本音楽著作権協会 (JASRAC) が,著作権集中処理機構の役割を果たしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

著作権集中処理機構

著作権の保護を目的として,関係する著作権権利者の権利を集中的に管理し,著作物利用者から一定の著作権使用料を集め,これを配分する機能を持った機関.日本では,1939(昭和14)年設立の日本音楽著作権協会(JASRAC)や1991(平成3)年設立の日本複写権センターなどがある.集中処理機構方式の採用により,個々の著作権者の許諾なしに著作物利用ができるようになるが,この方式には,著作権使用料の設定,徴収した著作権料の配分方法,処理機構自体の運営経費などの問題がある.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone