コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著作権集中処理機構 ちょさくけんしゅうちゅうしょりきこうcopyright clearance center

図書館情報学用語辞典の解説

著作権集中処理機構

著作権の保護を目的として,関係する著作権権利者の権利を集中的に管理し,著作物利用者から一定の著作権使用料を集め,これを配分する機能を持った機関.日本では,1939(昭和14)年設立日本音楽著作権協会JASRAC)や1991(平成3)年設立の日本複写権センターなどがある.集中処理機構方式の採用により,個々の著作権者の許諾なしに著作物利用ができるようになるが,この方式には,著作権使用料の設定,徴収した著作権料の配分方法,処理機構自体の運営経費などの問題がある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

著作権集中処理機構の関連キーワード学術著作権協会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android