コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛原牧 つなはらのまき

世界大百科事典 第2版の解説

つなはらのまき【葛原牧】

平安後期から中世にかけて下総国香取郡(現,千葉県佐原市付近)にあった牧。牧としての本来の所属関係は明らかでない。早くから牧内の一部が荘園化し,牧南部に織幡村(現,小見川町),北部に小野村が成立した。織幡村の境界は,東は海上郡木内堺,南は千田郡二重堀,西は福田・相根堺,北は太田・吉原・大畠堺であった。先祖豊郷以来,代々香取神宮大禰宜家大中臣氏の所領で,神役を務めていたが,保元の乱直前の1156年(保元1)6月,常陸の鹿島社大禰宜則近が左大臣藤原頼長家の命と称し,両村の押領を企てた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報