コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛山氏 かつらやまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かつらやまうじ【葛山氏】

藤原北家大森氏族。駿河国駿河郡葛山(現,静岡県裾野市葛山)より起こる。《大森葛山系図》は内大臣藤原伊周の後裔としているが真偽のほどは不明。大森葛山氏の祖惟康は三河高橋の領主で甲斐・駿河両国の守となり,以後大森氏は親康,親家と続いて鎌倉御家人を輩出した。葛山氏は親康の弟惟兼の流れをくむもので,惟兼の子惟忠を経てやはり鎌倉御家人を多く出している。惟忠の子惟重は1193年(建久4)富士野藍沢の夏狩に源頼朝の宿をしたことから〈御宿殿〉と呼ばれ,子孫の中には御宿氏を名のる一流もあらわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葛山氏の関連キーワード御殿場[市]深沢城葛山城須走

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android