コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛山氏 かつらやまうじ

1件 の用語解説(葛山氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かつらやまうじ【葛山氏】

藤原北家大森氏族。駿河国駿河郡葛山(現,静岡県裾野市葛山)より起こる。《大森葛山系図》は内大臣藤原伊周の後裔としているが真偽のほどは不明。大森葛山氏の祖惟康は三河高橋の領主で甲斐・駿河両国の守となり,以後大森氏は親康,親家と続いて鎌倉御家人を輩出した。葛山氏は親康の弟惟兼の流れをくむもので,惟兼の子惟忠を経てやはり鎌倉御家人を多く出している。惟忠の子惟重は1193年(建久4)富士野藍沢の夏狩に源頼朝の宿をしたことから〈御宿殿〉と呼ばれ,子孫の中には御宿氏を名のる一流もあらわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葛山氏の関連キーワード宅間憲俊駿河区打ち寄する駿河駿河大納言駿河トラフ駿河煮駿河半紙駿河舞府中藩〈駿河国〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葛山氏の関連情報