コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦垣の アシガキノ

デジタル大辞泉の解説

あしがき‐の【×葦垣の】

[枕]
葦垣は古びて見え、乱れやすく、また、その結び目は間が近いところから、「古(ふ)る」「乱る」「間近し」などにかかる。
「―古りにし里と」〈・九二八〉
「―ま近けれども逢ふよしのなき」〈古今・恋一〉
垣は内外の隔てとするところから「ほか」にかかる。
「―外(ほか)に嘆かふ吾(あれ)し悲しも」〈・三九七五〉
葦を「よし」ともいうところから「吉野」にかかる。
「―吉野の山の花のさかりは」〈続後撰・春中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしがきの【葦垣の】

( 枕詞 )
〔上代は「あしかきの」〕
葦垣が外と内とを隔てすき間のないことから、また、古くなりやすいことから、「古る」「乱る」「間近し」「外ほか」にかかる。 「おしてる難波の国は-古りにし里と/万葉集 928」 「 -外に嘆かふ我あれし悲しも/万葉集 3975

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

葦垣のの関連キーワード押し照る和よかしおお万葉集吉野我と和草葦垣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android