コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葵邱の会 ききゅうのかいKui-qiu; K`uei-ch`iu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葵邱の会
ききゅうのかい
Kui-qiu; K`uei-ch`iu

中国の春秋時代,斉の桓公が中原諸侯の覇者となった会盟。周王の権力が衰えた春秋時代初期,斉の桓公は夷狄 (いてき) や楚が中原へ侵入するのを防ぎ,中国の秩序を回復する努力を払った。襄王 (じょうおう) 1 (前 651) 年,宋国の葵丘 (現河南省開封の東方) に宋,衛,鄭,魯,許,曹など中原諸侯を集め,相互の尊重と秩序維持を約束させた。周の襄王の使者周公も出席し,この会で桓公の覇者としての立場が確立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

葵邱の会の関連キーワード桓公[斉]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android