コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廟号 ビョウゴウ

デジタル大辞泉の解説

びょう‐ごう〔ベウガウ〕【×廟号】

霊廟神社などにつける号。
中国・朝鮮などで、皇帝・国王の霊を宗廟に祭るときに贈る称号。高祖太祖高宗など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

びょうごう【廟号 miào hào】

中国で天子の霊をまつるとき,追尊して贈る宗廟の称号。太祖,太宗など祖・宗の前に1字がつく。本来,有功者を祖,有徳者を宗とし,舜が瑞頊(せんぎよく),尭に贈ったのが最初とされ,漢代では功徳高き天子に限って廟号をもち,その廟は毀廟とはならなかった。以後,しだいに廟号をもつ天子がふえ,唐以降では天子はみな廟号を有し,(おくりな)が時代を下るに従い長くなったのに伴い,一般的には天子の名を称するときにこの廟号を用いるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

びょうごう【廟号】

中国・朝鮮などで、帝王の霊を宗廟にまつる際に贈った称号。太祖・太宗・世宗などがある。
御霊屋みたまや・神社などにつける号。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廟号
びょうごう

中国、皇帝の死後、太廟(たいびょう)に祀(まつ)るときに、諡(おくりな)とともに追尊(ついそん)して贈られる廟室の称号。たとえば、「群臣(ぐんしん)、諡を上(のぼ)して大武(たいぶ)皇帝といい、廟号を高祖(こうそ)とす」(『旧唐書(くとうじょ)』高祖本紀)とある。廟号の起源は、舜(しゅん)が高陽(こうよう)を「祖(そ)」とし、堯(ぎょう)を「宗(そう)」としたことにあるといわれるが、実際は前漢時代に成立した制度であろう。おおむね王朝の創立者に「祖」(高祖、太祖(たいそ))、その後継者に「宗」(太宗(たいそう)、高宗(こうそう))が贈られるが、格別の法則はない。[尾形 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例