コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廟号 ビョウゴウ

世界大百科事典 第2版の解説

びょうごう【廟号 miào hào】

中国で天子の霊をまつるとき,追尊して贈る宗廟称号。太祖,太宗など祖・宗の前に1字がつく。本来,有功者を祖,有徳者を宗とし,舜が瑞頊(せんぎよく),尭に贈ったのが最初とされ,漢代では功徳高き天子に限って廟号をもち,その廟は毀廟とはならなかった。以後,しだいに廟号をもつ天子がふえ,唐以降では天子はみな廟号を有し,(おくりな)が時代を下るに従い長くなったのに伴い,一般的には天子の名を称するときにこの廟号を用いるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

びょうごう【廟号】

中国・朝鮮などで、帝王の霊を宗廟にまつる際に贈った称号。太祖・太宗・世宗などがある。
御霊屋みたまや・神社などにつける号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廟号
びょうごう

中国、皇帝の死後、太廟(たいびょう)に祀(まつ)るときに、諡(おくりな)とともに追尊(ついそん)して贈られる廟室の称号。たとえば、「群臣(ぐんしん)、諡を上(のぼ)して大武(たいぶ)皇帝といい、廟号を高祖(こうそ)とす」(『旧唐書(くとうじょ)』高祖本紀)とある。廟号の起源は、舜(しゅん)が高陽(こうよう)を「祖(そ)」とし、堯(ぎょう)を「宗(そう)」としたことにあるといわれるが、実際は前漢時代に成立した制度であろう。おおむね王朝の創立者に「祖」(高祖、太祖(たいそ))、その後継者に「宗」(太宗(たいそう)、高宗(こうそう))が贈られるが、格別の法則はない。[尾形 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

廟号の関連キーワードホンタイジ(皇太極)康熙帝・康煕帝劉淵・劉渕耶律阿保機耶律大石拓跋珪同治帝司馬炎孝文帝趙匡胤宇文泰康熙帝朱全忠万暦帝乾隆帝阿骨打李太王朱元璋崇禎帝窩闊台

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android