コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙塵 モウジン

2件 の用語解説(蒙塵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もう‐じん〔‐ヂン〕【××塵】

《「春秋左伝」僖公二十四年から。天子が行幸するときは道を清めてから行くが、変事の際はその余裕がなく、頭から塵(ちり)をかぶる意》天子が、変事のために難を避けて、都から逃げ出すこと。みやこおち。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もうじん【蒙塵】

( 名 ) スル
〔「左氏伝僖公二十四年」にある語。宮城の外に出て塵ちりをかぶる意〕
変事に際し、天子が難を避けて宮城の外に逃れること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒙塵の関連キーワード左伝寛猛相済う玉趾を挙ぐ天威咫尺東道の主封豕長蛇指を染める言葉は身の文三舎を避ける服の衷ならざるは身の災いなり

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒙塵の関連情報