コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙塵 モウジン

デジタル大辞泉の解説

もう‐じん〔‐ヂン〕【××塵】

《「春秋左伝」僖公二十四年から。天子が行幸するときは道を清めてから行くが、変事の際はその余裕がなく、頭から塵(ちり)をかぶる意》天子が、変事のために難を避けて、都から逃げ出すこと。みやこおち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうじん【蒙塵】

( 名 ) スル
〔「左氏伝僖公二十四年」にある語。宮城の外に出て塵ちりをかぶる意〕
変事に際し、天子が難を避けて宮城の外に逃れること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蒙塵の関連キーワード妄・孟・望・朦・毛・濛・猛・盲・網・耄・耗・蒙大南一統志岑春煊高力士粛親王粛順宮城

蒙塵の関連情報