コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲生娘子 がもうの おとめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒲生娘子 がもうの-おとめ

?-? 奈良時代の遊女。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)3年(751)越中介(すけ)内蔵(くらの)縄麻呂の館で,国司大伴家持らが宴をもよおしたとき同席してよんだ歌が「万葉集」巻19におさめられている。越中(富山県)出身とも近江(おうみ)(滋賀県)蒲生出身ともいわれる。

蒲生娘子 がもうの-いらつめ

がもうの-おとめ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蒲生娘子の関連キーワード天平勝宝奈良時代遊女

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android