コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲生娘子 がもうの おとめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒲生娘子 がもうの-おとめ

?-? 奈良時代の遊女。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)3年(751)越中介(すけ)内蔵(くらの)縄麻呂の館で,国司大伴家持らが宴をもよおしたとき同席してよんだ歌が「万葉集」巻19におさめられている。越中(富山県)出身とも近江(おうみ)(滋賀県)蒲生出身ともいわれる。

蒲生娘子 がもうの-いらつめ

がもうの-おとめ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

蒲生娘子の関連キーワード天平勝宝奈良時代遊女

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android