コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸気サイクル じょうきサイクル steam cycle

1件 の用語解説(蒸気サイクルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒸気サイクル
じょうきサイクル
steam cycle

熱機関において,燃料を燃焼させた際に出る熱的エネルギーを蒸気の状態変化を通じて機械的エネルギーに変換する循環過程をいう。その最も基本的なものはランキンサイクルである。しかし実際には,熱効率の増進をはかるため,再生サイクル再熱サイクル,再生再熱サイクルなどが多く用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蒸気サイクルの言及

【蒸気原動所】より

…蒸気タービンを出た排気は復水器で冷却されて水に戻り,再び給水ポンプに返される。蒸気原動所の熱力学的サイクルは蒸気サイクルと呼ばれるが,図の機器における変化過程が,すべて理想的に行われると仮定したもっとも基本的なサイクルをランキンサイクルと呼び,これを絶対温度(T)‐エントロピー(s)線図上に描くと図2のようになる。a→bが給水ポンプにおける水の断熱可逆圧縮過程を表し,b→b′→c′→cはボイラー中で水が等圧加熱されて蒸発し,さらに過熱蒸気となる過程に対応する。…

※「蒸気サイクル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒸気サイクルの関連キーワード燃焼室煤塵バーナー火格子噴射機関内燃燃焼器燃料噴射弁飛灰粗灰分

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone