蒸気爆発(読み)じょうきばくはつ(英語表記)vapor explosion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒸気爆発
じょうきばくはつ
vapor explosion

過熱液体の生成に基づく急激な蒸発現象を伴う爆発。一般にボイラはその内部に高圧水蒸気が存在し,缶内の熱水は水蒸気と平衡を保っている。缶体に割れ目ができると高圧水蒸気は一時に噴出し,気液間の圧力平衡は破れて熱水は急激に蒸発し,その容積は数百倍に膨張して激しい爆発現象を示す。金属の製錬,溶解などの高熱作業における溶融金属またはスラッグが水と接触したときも,瞬間的に過熱水が生成し蒸気爆発を生じることがある。液化プロパン,液化アンモニア,酸化エチレンエーテルエタノールベンゼンなど,水以外でも高圧下で液状を保つ物質は,特定の条件下で蒸気爆発を生じることがある。 LNG (液化天然ガス) が水上に流出すると,LNGは水温により急激に蒸発して蒸気爆発を生じることがある。この爆発は水温 40~90℃,メタン濃度 40%以下,窒素濃度4%以上のとき生じやすい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android