コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸発鉱床 じょうはつこうしょう evaporite deposit

1件 の用語解説(蒸発鉱床の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒸発鉱床
じょうはつこうしょう
evaporite deposit

乾燥した気候条件下にある海岸あるいは内陸部の塩湖において,水分の蒸発に伴い飽和溶液から各種の溶解成分が沈殿堆積して生じた鉱床。このような鉱床を形成する堆積物を一般に蒸発岩といい,その代表的なものには岩塩,カリ塩,石膏などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒸発鉱床の関連キーワード雨量因子乾燥卵内陸国内陸河川乾燥食肉製品キセロゲル好気発酵好浸透圧性菌類ソーンスウェイトの気候区分海岸アトラス[山脈]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone