コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十六歌仙絵巻 サンジュウロッカセンエマキ

百科事典マイペディアの解説

三十六歌仙絵巻【さんじゅうろっかせんえまき】

三十六歌仙の像に歌1首と略歴をそえた紙本着色の絵巻。鎌倉時代に盛んに作られたが,旧佐竹家蔵2巻本がすぐれ,現在各歌仙ごとに切り離し諸家分蔵。写実的で精緻(せいち)な彩色の絵は藤原信実,詞は藤原良経の作と伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんじゅうろっかせんえまき【三十六歌仙絵巻】

歌仙絵のうち,とくに三十六歌仙の肖像を描き,その略歴と詠歌1首を書き添えた絵巻。平安時代末から鎌倉時代には古典文学復興の機運とともに,藤原公任撰の三十六歌仙への尊崇が高まった。ちょうどこのころ,人物の動的な生彩を個性豊かに表現しようとする似絵(にせえ)の手法が肖像画のジャンルに新風をもたらし,藤原隆信,信実父子のような名手が出るに及んで,歌仙の肖像を描いた歌仙絵も盛行した。中でも佐竹家旧蔵の上下2巻が最古最優の遺品であったが,1919年各歌仙ごとに切り離され,諸家に分蔵されるに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんじゅうろっかせんえまき【三十六歌仙絵巻】

三十六歌仙の肖像画にそれぞれの詠歌を書き添えた絵巻物。鎌倉時代以降多く作成されたが、現存するものでは伝藤原信実(絵)・九条良経(詞)作の二巻のものが著名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三十六歌仙絵巻
さんじゅうろっかせんえまき

藤原公任撰(きんとうせん)の36人の歌人の画像に、略歴と歌1首を添えて構成した絵巻。もっとも古い遺品は佐竹家伝来の二巻本(通称「佐竹本」)で、鎌倉初期(13世紀前半)の制作になり、書は後京極良経(ごきょうごくよしつね)、絵は藤原信実(のぶざね)と伝称されるが確証はない。1919年(大正8)に各歌仙ごとに切断され、掛物に改装されて現在諸家に分蔵されている。人物の顔貌(がんぼう)描写には新しくおこった似絵(にせえ)の手法を取り入れた写実的な個性表現がうかがえ、着衣にはときに華麗な彩色が用いられ、歌仙絵の最高傑作とされる。これとほぼ同じころの制作になる上畳(あげだたみ)本三十六歌仙絵巻は、各歌仙が上畳の上に坐る姿で描かれたものであるが、やはり一図ずつの断簡として伝わっており、歌仙絵の流行期を代表する作例である。このほか南北朝時代の白描による『釈教三十六歌仙絵巻』(1347)、さらに室町以後には業兼(なりかね)本、後鳥羽院(ごとばいん)本、為家(ためいえ)本、木筆(もくひつ)本、新三十六歌仙など多種の三十六歌仙絵巻がつくられた。[村重 寧]
『森暢編『新修日本絵巻物全集19 三十六歌仙絵』(1979・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三十六歌仙絵巻の関連キーワード山本 唯三郎蒹葭堂雑録職人歌合田中訥言歌合絵絵巻物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android