脂肪油(読み)シボウユ

百科事典マイペディアの解説

脂肪油【しぼうゆ】

油脂のうち,常温で液体のもの。一般に飽和脂肪酸よりも不飽和脂肪酸を多く含む。植物油および海産動物油の多くはこれに属する。
→関連項目潤滑剤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しぼうゆ【脂肪油 fatty oil】

油脂のうち,融点が低く,常温で液状のものを脂肪油といい,固体のものを脂肪とよんで区別している。脂肪油は単に油ともよばれるが,石油系鉱物油,テルペン系芳香油などとは当然区別される。油脂は高級脂肪酸のグリセリドを主成分とし,その融点は,脂肪酸の炭素鎖数,不飽和結合の数,種類,さらに構造,油脂構成成分の割合などにより左右される。脂肪油は飽和脂肪酸より不飽和脂肪酸を多く含む。ヤシ油,パーム油など常温では固体でも30℃前後で液体となるものは慣用上油として取り扱うなど,その定義は厳密なものではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脂肪油
しぼうゆ
fatty oil

油脂(脂肪酸とグリセリンのエステル)のうち常温で液体のものをいう。脂油あるいは単に油ということもある。植物油と動物油に分けられる。植物油としては、大豆油、菜種油、米油、コーン油、ごま油、綿実油(めんじつゆ)、サフラワー油、あまに油、桐油(きりゆ)、ひまし油など、動物油としては、魚油、鯨油などがある。植物油は、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸を含有し、ほかに多少の飽和脂肪酸を含むが、海産動物油は、さらに不飽和度の高い高度不飽和脂肪酸を含有している。

[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しぼう‐ゆ シバウ‥【脂肪油】

〘名〙 油脂のうち常温で液体状態にあるもの。常温固体の脂肪に対する。一般に不飽和脂肪酸のグリセリンエステルをいう。脂油。油。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

脂肪油
シボウユ
fatty oil

油脂のうちで,常温で液体のものをいう.脂肪酸のグリセリンエステルで,一般には,飽和脂肪酸よりも不飽和脂肪酸のエステルを多く含む.天然に,種子や果実および動物組織などに存在する.大別して植物油と動物油がある.植物油は,不飽和脂肪酸の含有量,および脂肪酸の不飽和度の差によるヨウ素価により,乾性油(130以上),半乾性油(100~130),不乾性油(100以下)に分類され,動物油は動物の生息場所によって,陸産動物油と水産動物油(海産動物油と淡水産動物油)とに分類される.[別用語参照]植物油脂動物油脂

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報