蒼龍楼(読み)そうりょうろう

精選版 日本国語大辞典「蒼龍楼」の解説

そうりょう‐ろう サウリョウ‥【蒼龍楼】

平安京大内裏八省院四楼の一つ。大極殿の東南に位置し、白虎楼に対する。屋上中央に閣があり、その四隅にさらに小閣がある。これを模したものが京都市左京区の平安神宮にある。東楼。しょうりゅうろう。そうりゅうろう。
※三代実録‐貞観一八年(876)四月一〇日「子時、大極殿灾、延焼小安殿、蒼龍白虎両楼

しょうりゅう‐ろう シャウリュウ‥【蒼龍楼】

平安京大内裏八省院四楼の一つ。大極殿東南方に位置し、西の白虎楼に対する。そうりょうろう。

そうりゅう‐ろう サウリュウ‥【蒼龍楼】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android