コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓑笠子 ミノカサゴ

デジタル大辞泉の解説

みの‐かさご【××笠子】

カサゴ目フサカサゴ科海水魚。岩礁にすみ、全長約30センチ。体は淡紅色に黒褐色の横帯がある。胸びれ背びれが非常に長く、大きく広げて泳ぐ。背びれのとげに毒をもち、刺されると激しく痛むので、手を触れるなということから「まてしばし」の別名がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みのかさご【蓑笠子】

カサゴ目の海魚。全長30センチメートルほど。背びれ・胸びれが著しく発達している。体は淡紅色の地に多くの黒褐色の横縞があって美しい。背びれのとげは鋭くて毒腺があるので、刺されると激しく痛む。観賞魚。食用。本州中部以南の温・熱帯海域に広く分布。ヤマノカミ。マテシバシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蓑笠子 (ミノカサゴ)

学名:Pterois lunulata
動物。フサカサゴ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蓑笠子の関連キーワードヤマノカミマテシバシ毒腺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android