コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓑虫庵猪来 みのむしあん ちょらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓑虫庵猪来 みのむしあん-ちょらい

?-? 江戸時代後期の俳人。
成田蒼虬(そうきゅう)の門人。伊賀(いが)(三重県)上野の人。芭蕉翁五庵のひとつ上野の蓑虫庵にすむ。編著に文政7年(1824)刊行の「蓑虫庵小集」がある。姓は服部。通称は猪田屋又五郎。別号に雪柴亭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

蓑虫庵猪来の関連キーワード猪来俳人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android