コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓬莱文 ほうらいもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓬莱文
ほうらいもん

文様の一種。蓬莱山を象徴した文様意匠。海中に立つ岩山に仙人,松,鶴亀などを配して図案化するのが一般的。文様として盛行したのは平安時代中期以降で,吉祥を表わす縁起のよい文様として流行し,蒔絵硯箱鏡箱などの日常調度品,和鏡の鏡背文様としても用いられた。時代が下るにつれ文様としては形式化し,図柄も簡略化されたが,江戸時代まで続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android