蓮田兵衛(読み)はすだ ひょうえ

朝日日本歴史人物事典の解説

蓮田兵衛

没年:寛正3.11.2(1462.11.23)
生年:生年不詳
室町時代の土豪。寛正3(1462)年10月から翌月にかけての徳政一揆の張本(首魁)として記録にみえ,「牢人の地下人」と記されるが出自は不詳。一揆は東寺を占拠し,北方では糺ノ森にこもり相国寺や幕府をうかがったので,幕府は所司代多賀高忠はじめ赤松政則らの軍を投入して鎮圧に当たった。兵衛は東寺に農民や地侍を糾合して抵抗したが,幕府軍の猛攻撃を受け淀まで逃れたところを捕縛され11月2日斬首,梟首された。室町時代の徳政一揆の張本として処刑された者のうち名が知られる最初の人物である。

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蓮田兵衛の関連情報