コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地侍 じざむらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地侍
じざむらい

中世の土豪的武士。階層的には有力名主層にあたり,鎌倉時代末期以降,幕府権力の衰退に伴って郷村の支配権を握り,領主化していった。南北朝時代室町時代には,地侍たちが同盟して一勢力をつくったり,百姓を指導して一揆を起したりして,政治の動向を左右した。戦国時代になると,次第に戦国大名家臣郷士となり,現地農村支配を進めて近世大名の領国形成の主導的役割をになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐ざむらい〔ヂざむらひ〕【地侍】

中世後期の有力名主層。惣(そう)の中心になるとともに、守護戦国大名の家臣にもなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地侍【じざむらい】

地士とも書く。中世後期の村落における上層身分の俗称の一つ。土豪・中世地主・上層名主などともいわれる。在村の侍で,領主からは耕地を持つ百姓とみなされた。領主に奉公して軍役を務める侍と,主を持たない侍があったが,戦国期以降大名に奉公しその家臣となる侍(兵)とそうでない百姓(農)に身分を分けられ,兵農分離徹底後は,主なしで田畑を作らない中世的な侍身分(地侍)は農村から排除された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じざむらい【地侍】

中世後期の村落における上層身分の俗称の一つ。地士とも表記される。研究史上では,土豪・上層名主(みようしゆ)・小領主・中世地主などともいわれ,とくに一揆の時代といわれる戦国期の社会変動を推進した階層として注目される。中世社会の基本身分は・凡下(ぼんげ)・下人(げにん)の三つから成っていたが,中世後期の村落でも〈当郷にこれある侍・凡下共に〉〈当郷において侍・凡下をえらばず〉(〈武州文書〉)というように,侍と凡下は一貫してその基本的な構成部分であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じざむらい【地侍】

中世の土豪的武士。在郷土着して農業を営み、農民を指導して惣村そうそんの中核となる。戦国大名の被官となる者も多かった。地士。地下侍じげざむらい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地侍
じざむらい

中世後期村落の有力名主(みょうしゅ)層をさす。惣村(そうそん)においては「オトナ」として村落共同体の中核をなしていたが、その一方で、名字をもち、「方(かた)」「殿(どの)」などの敬称を付され、荘園(しょうえん)の下級荘官となって支配機構の末端を担うなど、侍衆として一般の地下(じげ)百姓衆とは区別される存在であった。とくに戦国期に入ると、彼らは周辺小農民との間に地主経営による小作料の収取関係や、被官関係を展開し拡大していく。しかし、その動向は領主化への志向に一元化されるものではなく、権益を保持するため、地侍同士の横の連合を強めるとともに、共同体規制に依存して、その規制によって収奪を実現し村落内における基盤をますます固めるなど、在地との結合を深めるような面をもっていた。兵農分離を経て中世から近世に至る歴史的過程のさまざまな可能性は、このような地侍層の動向を探ることによって究明されるものと考えられる。
 なお、軍記や記録などにみられる地侍は、幕府や守護・諸大名に属する武士に対して、在野の武士という意味で、国人(こくじん)領主の概念をも含むものである。[伊藤敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地侍の言及

【殿原】より

…平安・鎌倉時代に公家や武家男子の敬称(《入来文書》)や対称(〈北条重時家訓〉)として用いられるが,ひろく中世社会では,村落共同体の基本的な構成員たる住人,村人の最上層を占めて殿原,百姓の順に記され,村落を代表する階層として現れる。名字をもち,殿とか方などの敬称をつけて呼ばれ,〈殿原に仕〉える者をもち(《相良氏法度》),〈地下ノ侍〉(《本福寺由来記》)つまり侍身分の地侍として凡下(ぼんげ)身分と区別され,夫役(ぶやく)などの負担を免除されることもあった。後期の村落の名主(みようしゆ)・百姓のうちの名主上層に当たるとみられるが,〈殿原とも百姓として作仕る〉(〈法隆寺文書〉)といわれ,領主からは土地を耕作するかぎり百姓とみなされた。…

【兵農分離】より

…中世末期の下剋上の戦乱のなかで,経済的には支配階級に属しながら被支配身分である地侍名主(みようしゆ)百姓などが分解を遂げ,領主―農奴という近世封建社会の基本的階級関係が確定づけられていくが,支配身分としての武士と,被支配身分としての百姓町人などが截然と区別され,武士が他のすべての者を支配し,その原則に基づいて秩序づけられる体制が形成されていく過程を指す。百姓はもちろん,武士も古くから存在していた。…

【寄親・寄子】より

…寄子に先行する同じ性格をもつものとして,奈良時代の寄口(きこう),平安時代の寄人(よりうど)があるが,鎌倉時代の惣領制において,惣領が非血縁的武士を族的な関係の中に〈寄子〉として繰り入れ,その所当公事(しよとうくじ)などを庶子と同じく割り当て,負担させていたことが知られる。おそらく,それぞれの時代に,いろいろな階層に,弱小の者が有勢者に保護を求め,擬制的血縁集団の一員であることを保証された種々の形態の寄親・寄子的関係が存在したと考えられるが,室町時代に村落の中から有力農民が武士化する傾向が強まると,これら在郷の地侍はそれぞれの地域の有力武士と主従関係を結んだり,これを寄親と頼んで,寄子となることが一般化した。このような地侍を家臣団として組織化することが急務であった戦国大名は,在地に形成されていた寄親・寄子関係をそのまま承認するとともに,大名と直接主従関係をもつ地侍を有力武将に預けるというかたちで,新しい寄親・寄子関係を設定するなどして,これを家臣団編成方式として制度化していった。…

※「地侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地侍の関連キーワード甲賀郡中惣遺跡群葛西・大崎一揆北風六右衛門伊賀惣国一揆山城国一揆小倭郷一揆保津村清蔵甲賀郡中惣戸田宗光中島両以今井宗久御厨子某蓮田兵衛木村重成和田惟政梅北一揆一向一揆徳政一揆一領具足甲賀者

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地侍の関連情報