コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池坊専慶 いけのぼうせんけい

6件 の用語解説(池坊専慶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池坊専慶
いけのぼうせんけい

室町時代の立て花の名手。京都頂法寺池坊の僧。当時,室町幕府同朋が立て花の役にあたっていたが,これに対し寺僧の専慶も立て花の名手として有名になり,のちに池坊が華道として盛行する源流を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いけのぼう‐せんけい〔いけのバウ‐〕【池坊専慶】

室町中期の京都頂法寺執行(しゅぎょう)池坊流の開祖とされる。生没年未詳。寛正3年(1462)の立花の記録「碧山日録」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池坊専慶 いけのぼう-せんけい

?-? 室町時代の華道家。
池坊立花の始祖。京都頂法寺(六角堂)の塔頭(たっちゅう)池坊の住持。寛正(かんしょう)3年(1462)武将京極(佐々木)持清の招きで金瓶(かながめ)に草花数十枝をさし,おおくの愛好家に賛嘆されたという。仏前供養の供花から鑑賞用の立花への展開をもたらした。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池坊専慶

生年:生没年不詳
室町中期,京都頂法寺(通称六角堂)の僧,立花巧者。池坊花道の元祖とされる。寛正(1460~66)前後には,僧良賢,同朋衆の立阿弥・文阿弥,公家の山科言国一条院経覚ら花立て数奇者の存在があった。『碧山日録』の寛正3年の条には,武将佐々木高秀が「専慶を招き,草花を金瓶に挿す数十枚,洛中の好事者来て競いてこれを観る」「専慶来りて,菊を折り瓶に挿す。皆其の妙に嘆ず」という記述がみられる。毎日の勤行に欠かせない当季の草花を花瓶に挿す供花の巧みが,立花の芸をつくりあげ,将軍,高家御成りの晴れの飾り,遊興の飾りとなったものであろう。専慶の挿した花姿を写す図は皆無だが,明応8(1499)年相伝年記のある最古の伝書『花王以来の花伝書』にみられる土用花,仏供養花,聟嫁取花,酒筵花,人待花などあらゆる行事に相応した花の絵図とその技法秘事は,専慶時代の花の面影を写すものと考えられている。<参考文献>山根有三「いけばなの成立」(『いけばな美術全集』2巻)

(岡田幸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いけのぼうせんけい【池坊専慶】

池坊立花たてはなの開祖。長禄・寛正年間(1457~1466)に活躍。室町将軍家の同朋衆のものとはことなる立花を立てて有名になる。生没年不詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池坊専慶
いけのぼうせんけい

生没年不詳。池坊いけ花の始祖といわれる。応仁(おうにん)の乱前の長禄(ちょうろく)・寛正(かんしょう)(1457~66)のころに活躍した、「たてはな」(初期のいけ花)の名手。京都・六角堂頂法寺(ちょうほうじ)の執行(しぎょう)であり、池坊の住僧。『碧山日録(へきざんにちろく)』1462年(寛正3)2月25日の条に、佐々木高秀の招きを受けた専慶が、金瓶(きんぺい)に数十枝の草花を立てたところ、洛中(らくちゅう)の好事家(こうずか)がこぞって見物したと記している。天台宗系の僧侶(そうりょ)として仏前供養の花を立てていたであろう専慶は、仏前の花から観賞に堪える挿花へとその第一歩を踏み出し、池坊いけ花成立の端緒を開いた。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の池坊専慶の言及

【池坊】より

…15世紀の中ごろ,8代将軍足利義政の時代には,同朋衆をはじめ多くの花の名手があらわれたが,池坊の寺僧にも巧みに花を立てるものがあった。1462年(寛正3),池坊専慶が金瓶に草花数十枝をたてたのを《碧山日録》は,〈皆その妙を嘆ずる也〉とつたえ,1525年(大永5),池坊専応は《二水記》のなかで,〈池坊六角堂執行花上手也〉と記されている。16世紀の中ごろは,いわゆる天文口伝書の時代であるが,《池坊専応口伝》や《専栄花伝書》がつたえるとおり,いろいろの立花(たてはな)の系統が池坊のなかにまとまってゆく時期であった。…

【いけばな】より


[立花の成立]
 座敷飾の花として立花が成立したのは,室町中末期のことであって,立花の専門家が登場して将軍邸や禁裏において花を立てはじめ,それに従って法式がしだいに定められるようになった。《蔭涼軒日録》に見るように,立阿弥や台阿弥といった人々,また《碧山日録》に記される連歌師としても著名な池坊専慶,《言国卿(ときくにきよう)記》における山科家の雑掌,大沢久守などは,依頼を受けて花を立てた専門家の代表であるとみてよい。室町期の立花の様相を伝える《仙伝抄》に谷川流と記載のあるのは,公家邸において花を立てた谷川入道某の伝であろうし,これらの人々の活躍によって草創期のいけばなは,立花という法式を備えたいけばなを出現させる。…

【六角堂】より

… 六角堂は寺内塔頭(たつちゆう)の池坊が執行として代々経営管理に当たったが,この池坊は花道家元として名高い。すなわち池坊専慶が東山時代に立花(たてはな)の名手として世に知られ,花道池坊を創始し,ついで天文年間(1532‐55)専応(せんおう)が池坊の流れにおける花道を大成して花書を著し,朝廷や幕府や諸門跡に重用された。また江戸前期に出た専好(2世)がこの流を確立し,やがて町人社会にも花道が広まり,江戸中期に入ると池坊住持は家元として池坊花道を率いるようになった。…

※「池坊専慶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池坊専慶の関連キーワード池坊専正池坊専順池坊専明池坊流頂法寺六角通り池坊専栄池坊専好(初代)池坊専好(3代)池坊専鎮

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone