蓮田市五郎(読み)はすだ いちごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蓮田市五郎 はすだ-いちごろう

1833-1861 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。寺社方手代。安政7年桜田門外における大老井伊直弼(なおすけ)襲撃にくわわる。負傷して老中脇坂安宅(やすおり)邸に自首,文久元年7月26日処刑された。29歳。名は正実

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android