正実(読み)セイジツ

デジタル大辞泉の解説

せい‐じつ【正実】

正しく真実であること。
「吾教の―彼教の虚誕なるに注意し」〈公議所日誌一五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいじつ【正実】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
正しく、真実である・こと(さま)。 「 -なる女を妻にせんと心掛け/罪と罰 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐じつ【正実】

〘名〙 (形動) 心がまっすぐでまことがあること。正しく本当であること。また、そのさま。実正。着実。しょうじつ。
※古事記(712)上「諸家のる帝紀及び本辞、既に正実に違ひ、多く虚偽を加ふと」
※古道大意(1813)上「今此の時に、よく其の正実なる所を撰び定めずは」 〔論衡‐正説〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正実の関連情報