コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔓割れ病 つるわれびょう

大辞林 第三版の解説

つるわれびょう【蔓割れ病】

スイカ・キュウリなどウリ類やサツマイモに多い病気。病原菌は根から入り、最初地ぎわの茎が褐色になり、やがて茎が割れて枯死する。連作によって伝染する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蔓割れ病の関連キーワード石灰硫黄合剤サツマイモ病原菌維管束連作褐色

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android