コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

影写本 エイシャボン

4件 の用語解説(影写本の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいしゃ‐ぼん【影写本】

原本を影写した写本。影鈔本(えいしょうぼん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

影写本【えいしゃぼん】

写本の一種。透写(すきうつし)本,敷写(しきうつし)本とも。原本の上に薄い紙を重ねて,原本通り透き写しをしたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

えいしゃぼん【影写本】

影写による写本。影鈔本えいしようぼん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

影写本
えいしゃぼん

原本(底本)の上に雁皮紙(がんぴし)などの薄い紙を重ね、原本の文字の形を忠実に敷き写し(透き写し)した本。影鈔(えいしょう)本ともいう。写本の一種であるが、覆製方法としては、転写本、臨写本、(もしゃ)本よりも誤写が少なくて優れているのみならず、原本の趣(おもむき)をよく伝えているので資料価値が高く、また、すでに散逸した原本にかわるものとして尊重されている。影写の原本には刊本、写本、古文書などがある。[福井 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の影写本の言及

【写本】より

… 文献を見ながら書き写したいわゆる写本は〈謄写(とうしや)本〉〈見取書き〉などとよばれ,文献の字体を模倣しながら写した写本は〈模写本〉〈摹本(もほん)〉などとよばれる。模写本のうち文献を見ながら模写したものは〈臨本〉といい,また文献の上に雁皮紙(がんぴし)のような薄い紙を敷いて文献の字影をそのまま透き写しにした写本を,〈影写本〉〈透写(すきうつし)本〉〈敷写(しきうつし)本〉などとよぶ。名家の筆跡を透き写した場合,模造品でありながらよく原本と見誤られることがある。…

※「影写本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

影写本の関連キーワード生写し透写透写紙透写台気鬱気鬱症敷写し透写し抜写し引写し

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone