益之宗箴(読み)えきし そうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益之宗箴 えきし-そうしん

1410-1487 室町時代の僧。
応永17年生まれ。臨済(りんざい)宗。叔英宗播(しゆくえい-そうばん)の法をつぐ。京都相国寺(しょうこくじ)雲頂院をへて,同寺の蔭凉軒(いんりようけん)主となり僧録を補佐。文明17年天竜寺住持。将軍足利義政の東山山荘(のちの銀閣寺)造営をたすけた。能書家として知られた。長享元年11月16日死去。78歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗姓は織田。別号に懶庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android