コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益之宗箴 えきし そうしん

1件 の用語解説(益之宗箴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益之宗箴 えきし-そうしん

1410-1487 室町時代の僧。
応永17年生まれ。臨済(りんざい)宗。叔英宗播(しゆくえい-そうばん)の法をつぐ。京都相国寺(しょうこくじ)雲頂院をへて,同寺の蔭凉軒(いんりようけん)主となり僧録を補佐。文明17年天竜寺住持。将軍足利義政東山山荘(のちの銀閣寺)造営をたすけた。能書家として知られた。長享元年11月16日死去。78歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。俗姓は織田。別号に懶庵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

益之宗箴の関連キーワード円鑑梵相玉岡慶琳孝円弘賢長雅長懐道順(2)法尊梵阿霊仲禅英

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone