コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵役人 クラヤクニン

大辞林 第三版の解説

くらやくにん【蔵役人】

蔵屋敷に勤めて蔵米・蔵物の出納をつかさどる各藩の役人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蔵役人の言及

【蔵屋敷】より

…蔵屋敷を通じて販売される諸品を総称して蔵物(くらもの)と呼ぶが,その中心は貢租米であり,特産品としては砂糖,藍玉,紙,畳表などがあった。通常,蔵屋敷には蔵役人,名代(みようだい),蔵元掛屋,用聞(ようきき),用達(ようたし)と呼ばれる構成員がいた。蔵役人は領主から派遣された蔵屋敷の元締めたる武士であり,その重職を留守居といった。…

※「蔵役人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蔵役人の関連キーワード遠山雲如八田知紀江戸時代蔵屋敷蔵元掛屋小揚

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android