コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵物 くらもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵物
くらもの

江戸時代,諸藩が蔵屋敷に積み送った年貢米その他物産の総称。藩士,庶民,蔵屋敷をもたない大名が大坂に回送した物品納屋物 (なやもの) というのに対する語。蔵物の第1位は諸国の年貢米で,ほかに諸藩の専売制により強制的に買上げ,移出された諸国特産物が多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くら‐もの【蔵物】

江戸時代、諸藩の蔵屋敷から払い出された年貢米や各地の特産物。→納屋物(なやもの)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蔵物【くらもの】

江戸時代に幕府・大名・旗本が売却のため蔵屋敷へ回送した諸品の総称。貢租や専売制などで領民から収奪した物資。納屋物(なやもの)に対する語。中心は米で,ほかに砂糖,紙,畳表など諸国の特産物も含み,領主の貨幣収入の最大部分を占めた。
→関連項目掛屋蔵元

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

くらもの【蔵物】

江戸時代、諸藩が江戸や大坂の蔵屋敷に送って売り払う物産。 → 納屋なや

ぞうもつ【蔵物】

所蔵している物品。ぞうぶつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蔵物
くらもの

江戸時代、蔵屋敷から販売される諸藩国産物をいう。貢租米がもっとも多く、蔵米とよばれたが、米以外にも阿波(あわ)の藍玉(あいだま)、備後(びんご)の畳表(たたみおもて)、讃岐(さぬき)の砂糖、土佐と長州の紙、筑後(ちくご)の蝋(ろう)、播州(ばんしゅう)の木綿(もめん)、杵築(きつき)(大分県)の青莚(あおむしろ)、広島の鉄などがあった。江戸中期以降、多くの藩は領内特産物の領外移出独占を行う(専売制)ようになったが、その際、特産物は蔵物として登せられることが多かった。蔵物の販売は、一般の取引が相対(あいたい)取引であったのに対して、入札制で行われることが多かった。入札によって販売された蔵物に対しては蔵預り切手が発行されたが、そのうちもっとも一般的なのは米切手である。なお蔵物に対して、民間の問屋で取引されるものを納屋物(なやもの)とよんだ。[宮本又郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蔵物の言及

【蔵屋敷】より

…江戸時代,大名(藩),旗本などの諸領主が,貢租米や領内の特産品を販売するために,大坂,大津,堺,敦賀,江戸,長崎などの諸都市に設置した倉庫兼販売機関のことをいう。蔵屋敷を通じて販売される諸品を総称して蔵物(くらもの)と呼ぶが,その中心は貢租米であり,特産品としては砂糖,藍玉,紙,畳表などがあった。通常,蔵屋敷には蔵役人,名代(みようだい),蔵元掛屋,用聞(ようきき),用達(ようたし)と呼ばれる構成員がいた。…

【納屋】より

…江戸時代でも河岸(かし)に建てられた商業用倉庫を納屋といった。ここから転じて,商品のうち,大名らの荷物で蔵屋敷を経由して取引きされる商品を蔵物というのに対して,商人が生産者や生産地商人との取引きで流通させる商品を納屋物とよんだ。(3)高級倉庫に対し,簡単で小さな倉庫をいう。…

※「蔵物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蔵物の関連キーワード日本のおもな博物館デンプン(澱粉)蔵元(江戸時代)スイートコーン文化財保護法ホスファゲン北風荘右衛門金属探知機蔵元・倉本掛屋・懸屋脂肪種子隠匿物資貯蔵組織イヌリンフィチン澱粉種子御用町人隠退蔵後形質仇討物

蔵物の関連情報