コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕎麦猪口 ソバチョク

デジタル大辞泉の解説

そば‐ちょく【蕎×猪口】

そばちょこ(蕎麦猪口)」に同じ。

そば‐ちょこ【蕎×口】

《「そばちょく」とも》口径・高さとも6~8センチくらいの陶磁製の器。→猪口
[補説]盛りそばのつけ汁の容器に使われるようになってからの名。江戸時代末からか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そばちょく【蕎麦猪口】

盛りそばのつけ汁を入れる容器。高台こうだいはなく、畳付たたみつきから口へ向けて直線的に広がる。染付・赤絵などが知られる。そばちょこ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

そばちょく【蕎麦猪口】

そばちょこ。⇒そばちょこ

そばちょこ【蕎麦猪口】

つけ汁を入れ、これにそばを半ば浸しながら食べるのに用いる、直径・高さが6~8cmほどの容器。材質陶磁器などがある。◇「そばちょく」ともいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

蕎麦猪口の関連キーワード染付赤絵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蕎麦猪口の関連情報