コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕨真 けつしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蕨真 けつしん

1876-1922 明治-大正時代の歌人。
明治9年8月20日生まれ。正岡子規にまなび,「馬酔木(あしび)」の発刊に参加。明治41年郷里千葉県山武郡の自宅を発行所に,伊藤左千夫らと「阿羅々木(あららぎ)」(のち「アララギ」)を創刊した。大正11年10月14日死去。47歳。本名は蕨(わらび)真一郎。別号に礎山。歌集に「林澗集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蕨真の言及

【アララギ】より

…1908年(明治41)10月創刊。千葉県睦岡村の蕨真(けつしん)方から発行,翌年9月東京本所茅場町の伊藤左千夫宅に移され,古泉千樫斎藤茂吉らが編集に尽くした。《万葉集》を作歌上の手本として写実的歌風を推進した。…

※「蕨真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

蕨真の関連キーワードアララギ(短歌結社雑誌)馬酔木(短歌雑誌)大正時代歌人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android